畳の上で

畳の上で

 とある町の提案で役場訪問。震災の関係もあり、公民館みたいな仮役場だった。
 まず通されたのが副町長席向かいの卓。普通に担当者との打ち合わせなのに、随分プレッシャーかかる場所だった。
 さすがに担当者もそこではいやだと思ったのか、奥の部屋へ案内され直された。そして、そこは昔はまさに公民館のレクリエーション部屋だったのだろう、20畳くらいの和室だった。長机もあぐらをかいてちょうどよい高さのものだった。
 まさかITに関する提案を、しかもクソ広いここでクソ真面目に、営業とお客さんと3人ですることになるとは・・・。
 畳の上でITについて語った始めての経験だった。地方の仕事ってのは何が有るか分からない。いい経験したなあと帰り道、想いに耽っていた。