そば録 -原点にて-

ゆで太郎

 そば録35回目*1

 川崎。8:49。「ゆで太郎 川崎小川町店」。
ゆで太郎 川崎小川町店 - 川崎/そば [食べログ]
 JR川崎駅東口を出て、新川通りを東へ、小土呂橋交差点を南に曲がってすぐのところにある。
 朝そば290円。半分のかき揚げに生卵という朝限定メニュー。川崎に帰ってきて、ここに行かないなんてことあるわけがない。もちろん行ってきたよ。そば録の原点は「ゆで太郎が好き」というところから始まった*2。そして、その好きになったゆで太郎ってのがこの店だったんだ。
 めまぐるしく変わる街が出すファストな雰囲気、聞こえてくる周囲の安っぽい会話、それとは無関係にうまいそばの味。そんな中で、俺の思考がアレコレ巡って、様々な言葉が出てくる。そして、その言葉はちゃんと吐き出すべきものだ。良くも悪くも誰かに伝えなきゃいけないものなんだ。そんなことに気づいた場所なんだ。
 今じゃ川崎から離れたかもしれない。けれども、この店が気づかせてくれたことは、俺の頭から離れちゃいない。どん詰まりの中で学んだ、とても重要なリアルだ。

*1:34回目はid:M-I-5:20130510#p1参照。

*2:そば録1回目のid:M-I-5:20111029#p1参照。