川崎潜伏 1日目 -まずは懐古的に-

目指せVCP

 今日から駒沢研修5日間。研修内容はVCP取得に必要な「VMware vSphere: Install, Configure, Manage [V5.1]」である。

 選んだ宿泊先は、川崎時代に住んでいたマンションから最寄りのホテル。だから、駅まで向かう道も川崎時代とまったく同じ。
 目をつぶっていても歩いていける。ホントに眠くて、目をつぶって歩いていた時もあるくらいだから。目をつぶって歩いてみた。向かいから歩いてきたサラリーマンとぶつかった。ここまで全部まったく同じだ。
 6月の少しジメっとした空気が、この街らしくてとてもいい。そして、オレらしくて、とてもとてもいい。
 南武線田園都市線を乗り継いて、駒沢大学駅前で降りる。実は、研修所は2年前に来たことがある。当時はCCNA研修で訪れた場所で*1、今回もまったく同じビル、同じフロアだった。懐かしさも存分に、そこそこ真面目に、それなりに不まじめに研修を受けたよ。
 同じ研修には、品川時代の後輩Y.M.がいた。昼飯を1人で食わなくて済みそうだ。これは運がいい。 

 研修が終わって帰ってきて、寄ったのは川崎時代に懇意にしていた銀柳街のある居酒屋。久々に尋ねたのだが、笑顔で迎え入れてくれた。
 レモンサワーのグラス、串焼きの皿に大盛りのカラシ、聞こえてくるワケありたちのざわめき、そして、いつもの大将たち。
 初日としては十分に楽しんでるよ、まずは懐古からでいい。

*1:当時の研修風景はid:M-I-5:20110221、id:M-I-5:20110222、id:M-I-5:20110223、id:M-I-5:20110224、id:M-I-5:20110225参照。