潜入、秘密基地

伊勢佐木長者町駅付近

 営業とともに、横浜にお客さんを連れ、データセンタ見学。
 2年後の導入に向けて、意識付けのための機会である。降りた駅は伊勢崎長者町駅。なんともまとまりきらなかった感じのする駅名。それがこの名前に受けた印象。降りてすぐに思ったのは、なんて綺麗な町並みなんだろう。それがこの街に受けた印象。綺麗な横浜の1面を見た。
 データセンタそのものは、淡々と見学会を実施。お客さんの係長級に、いろいろ入れ知恵をし、次年度4月始まった時点で、導入に向けた具体的な内部説明をしてもらうことを快諾してもらった。すべての話がうまい方向に進んでいくことを感じた。俺もやれば出来るじゃないか。そう、自分を褒めたくなるほど、説明から案内までうまい出来だった。
 俺の会社が用意しているデータセンタは大体が秘密基地みたいな作りをしている。場所は徹底的に隠されているし、地震でもビクともしない特殊な作りをしたビルにあるし、そのくせ都会のど真ん中にあるし、入退管理は徹底的にやる。まるで秘密基地だよ。
 更に極めつけは、いろいろ有名な設備が入っていることだ。お客さん2人は興奮しきりで、随分楽しんで貰えたようだった。俺も2年半以上ぶりにアレコレ設備を見る機会に恵まれた。やっぱり、俺の会社は設備が命だ。改めてそう思った。
 横浜にある秘密基地の1つで、俺は俺の未来を思う。俺は次にどんな仕事がしたいのか。どんな仕事を与えられるのか。とても、モヤモヤした思いを感じた。