提案中毒

品川駅港南口

 朝の品川駅。
 駅の中央改札を出て、北改札の上を見るとWindows Server 2012の看板が目に付く。「出たばかりの中、売っては見たものの、結局Windows Server 2008へダウングレードになったなあ」と思う。今年構築の案件では、まだ時期尚早。来年向けの提案ではガンガン突っ込んでおいたので、来年が楽しみである。
 港南口へ向かう最中、新幹線のりば(北口)の上にあるスターバックスのさらに上に、LanScope Anの看板が目に付く。「提案してみようと思ったものの、結局はAndroid向けソリューションが確立できなくて、LanScope Cat止まりだったなあ」と思う。来年はLanScope Anをぜひとも案件化したい。そして、LanScope Cat7の構築案件をガシガシやりたいぜ。
 よくよく考えれば、品川駅で目に止まった製品は、食い物とかを除けば大概提案しているように思う。品川駅にICT関連製品の広告が多いことが伺える。クラウドサービス、ネットワーク機器、ソフトウェア、この辺は当たり前。さらには広告を出しているデジタルサイネージ媒体そのものすらも提案している始末である。
 そんなことを考えながら歩いていると、目に止まったのはQUEEN'S ISETANの看板前に、「窓」と書かれたYKK APの広告。・・・、次は窓を提案してみようと思う。これしかない。
 もはやなんでも提案するよ。たくさん儲けたいんだ。その内食い物も提案するだろう。すべて俺に任せてくれ。たくさん受注するぜ。