そば録 -江戸情緒-

かんだやぶそば

 そば録18回目*1

 淡路町。11:52。「かんだやぶそば」。
かんだやぶそば:せいろうそば:神田
かんだやぶそば - 淡路町/そば [食べログ]
 淡路町駅A3出口を出て、北方面。多摩同胞会かんだ連雀から1ブロックさらに北に歩いたところにある。
 せいろうそば700円。東京の三大藪そばと言われる有名店。秋葉原駅からぶらついて行けば、ちょっと情緒気分。俺はそうした。有名な店なんだ。いかにも有名店な感じがして、俺はまったくなじめない。オシャレなやつか、観光の年寄りか、そんなもの。昼から飲みたくて、酒を頼んでからそばを頼んだ。こんなやつ、俺くらいしかいない。これが正当派のそばっ食いのはずなのに。
 そば屋だぜ、江戸のそば屋。情緒だって楽しみたくなる。俺は手順を楽しむ人間だから、「そば屋で飲むにゃ百年早ええぜ」って言葉をちゃんと受け止めている。
 伝統に付き合うのなら、その周辺から。俺は外堀を埋めて、城攻めをする人間だ。

*1:17回目はid:M-I-5:20120317#p1参照。