敗戦処理

飲み過ぎで実家に預けてきた愛機。

 3日夜に実家で家族や親戚と酒を飲んで以来、ずっと二日酔い。これで今日まで引っ張ってきたってことは「五日酔い」ってことになるのかね。理屈っぽいかな。
 起きるとか生きるとかじゃなく、人生につらさを覚えた11月7日(月)明朝。本当に、休みを取っていてよかった。今日が休みで良かった。そして、布団とトイレが俺の友達。昨日の追い打ちが決定打だった。
 俺はいろんな人に囲まれて生きている。その囲まれた人たちの半分くらいと連続して酒を酌み交わすと、このくらいの期間がかかって、こんなにも酔っ払うのだと思い、酔いすぎた気持ち悪さとと共に、幸福を感じた。そして、うなりながら1日ベッドで時間を浪費して過ごしたのだった。