徹夜明け合格決裁、そして送別会2011@品川

送別会会場

 昨日からの徹夜で資料を修正。そのまま、言われたまま出してやった。表紙も何もない。そしたら、随分機嫌良さそうに承認してくれたよ。俺を不機嫌にさせる笑い声をあげ「今回は合格」だなんて高笑いしやがる。思い通りの傀儡には優しいんだな。こんなの客前に持って行ったら、2度と仕事くれなくなるぜ。
 抜け殻となった俺。帰りたいけれど、送別会も大切だ。大先輩のM.S.が退職する。俺はその送別会の名誉ある幹事なのだ。M.S.はとてもいい人だったけど、年齢じゃ仕方なし。再雇用先も決まっている。相模原で頑張ってくださいと笑顔で送り出す。ホント、仕事の遅い俺にアドバイスを沢山くれて、優しい先輩だった。こんな先輩とたった半年しか一緒に仕事できなかったなんて寂しいよ。20人が彼を送り出した。また会いたいよ。俺もみんなも、そう思っている。またお会いしましょう。
 そして、課長も異動なんだ。異動とわかっているからこそ、昨日のことは我慢した。スリッパ異動*1だけど、もう一緒に仕事することはないでしょう。バイバイ。

*1:同じビル内で異動すること。靴ではなく、社内用スリッパで移動できることから由来する。