ゼミ3年生との顔合わせ

お菓子はエクレアでした

 12月になり、正式に3年生が研究室所属となった。そのため、2研究室合同で3年生との顔合わせがあった。
 もともと院生が2名、学部4年生が自分を含め9名、そこに新しく3年生が8名入ることになった。合計19名。そこに教官を入れたら21名の大所帯である。一斉に集まるのも共同研究室では足りず、小さめの教室を借りての顔合わせ。お菓子とジュース付きで全体ミーティングするなんてなんとユルいことか。全員の自己紹介を行った後、研究室ごとの打ち合わせを行う。俺の研究室側では3年生と4年生がペアになって、論文を見つけてくる課題が与えられていた。すでに論文執筆を言い渡されている俺は、その課題は与えられず、3年生も付かなかった。正直ありがたい。このままいくと、この後輩たちを俺が直接指導することはないかもしれない。
 次は10日に歓迎会がある。そこまでには彼らの顔と名前を覚えないといけないなぁ。