のり弁には程遠く

 昨日作り置きしておいた回鍋肉を導入。アルミカップが大活躍すぎる。汁気を残したまま入れることができた。
 それと味海苔だが、これは今ひとつだった。味が薄い・・・。弁当は作り置きなので、少ししょっぱく作らないといけない。それはわかっていたが、海苔の味がこうも薄くなるとは・・・・。もうこうなったら味のりを袋のまま持ち込むしかない。しかし、それでは様式美が成り立たないのだ。これが葛藤と呼ばれるものなのか。
 パッと見て、今までの弁当とはちょっと違った並び具合。少しずつ進化している。そして時々大きく劣化するのだ。