名古屋

 読み方[なごや]
 はるか西の最果てに存在するとされる都市のこと。同期の桜1名が在住をしているとされている。
 実際に存在を確認するために多くの同期の桜が確認探検へ向かうものの、そのほとんどが散る桜となり、かろうじて生き延びた桜たちは口を揃えて「東名高速が混んでて・・・」と述べたという。
 現在、その都市を見つけ出そうとする桜も減る一方で、名古屋に在住しているとされる同期の桜は北関東地方においての目撃例が多数確認されている。
 日本国内においても名古屋という地名は存在するが、それとは異なる場所である。
 主になごやんなどが名物として挙げられる、なごやんとは何か誰も知るものはいない。