ミスると焦る 焦るとミスる

 読み方[みするとあせる あせるとみする]
 NGK労働哲学における理論の1つ。労働者の心理は失敗などにおいて強迫観念を受け、強迫観念を受けた心理状況下では労働者はさらなる失敗を生むということである。
 未だ多くが勤勉に励む同期の桜たちにおいて、労働の緊張感が感じられる教訓として学ばれている。