魔改造したい

Inspiron 2200

 実家のほうからノートPCをサルベージしてきた。長らく妹が使用していて、それより昔には自分でも使っていたDell製Inspiron2200である。

  • CeleronM 1.4GHz
  • メモリ1GB
  • US配列キーボード
  • 15インチSXGA
  • Windows XP Home Edition (SP3)

 数年前のPCにしてはよく動く。よく雑誌などではAtomプロセッサとPentiumMプロセッサは同等の性能だと評論されているが、絶対に嘘だと思った。CeleronMとAtomですら、明らかにCeleronMのほうが高速だと体感できる。
 しかし劣悪環境で使われていたせいか、各部パーツにガタが来ている。特にキーボードと(恐らく)HDD。キーボードに関しては打鍵すると戻ってこないキーがいくつかある。
 母親が何かの理事をしているらしく、このノートPCをその理事業務にかかる事務作業に使いたいとのことで修理することになった。さて、まずは日本語キーボード化しなければならないな・・・。SSD化したら面白いとも思ったが、金がかかりすぎるのでパスしてHDDの1枚プラッタータイプに変えるつもり。改造するとすれば、現状PCカードで接続しているIEEE802.11b環境を、内蔵型でIEEE802.11b/g/n化するくらいだろうか。だけど母親が使うことを考えると、ネットにつなぐかどうかすら怪しい・・・。さらに実家のネット環境は実測で1Mbps程度のため、スペック的にはIEEE802.11bで十分・・・。外部テンキーと有線光学式マウスの入手くらいで済ませてしまおうかなぁ。