ギャル男と毒男

1件目

 大学のメンタルヘルス講習とかオリエンテーションだのを全部バックレて選考。
 1件目は印刷機器メーカー。勝どきは遠いよ・・・。特に徒歩の部分が・・・。内容は筆記試験。75分間で50問の問題をできるだけ解いてくださいという形式。英語、計数、言語が内容で、量は平等な出題で、恐らく全部は解けないタイプ。もしくは頭のいい人で丁度くらいなのではないかな。苦手な英語を5問ほど飛ばして、俺はギリギリだった。こういうのは結果がまったく予想がつかない。今のところ筆記で落ちたことはないので、気楽に通ってると信じたいわ。これが通れば最終面接。
 今日の本題、2件目。グループディスカッションだったんだけれど、グループディスカッション始めての女が、いい感じにメガンテだった。ブレストの段階で否定しかしないって、お前空気凍るだろうが。いい加減にして欲しいと思った。そのくせ後半の、意見から討論する場では何も語らず。とりあえずグループディスカッション勝率をあげるためにも通っていて欲しい。
 グループディスカッション後、先輩社員懇談会という名目での質問会。なぜこのタイミング・・・と思ったが、帰るわけにもいかず、30分×2人。最初に来たのが3年目のギャル男っぽい人。「なぜ御社に入社したのですか」と聞いたら「学校推薦だったから、特にないかな」という意味不明すぎる回答。そのほか、残業したくないとか、別に他社との比較で当社のいいところないとかわけわからない。次に根暗っぽい5年目の人。こいつも当時の志望動機聞いたら無いとか答える。この辺から眠くなってくる。さすがに1時間は長い。途中、「あなたが御社に入社して起こしたイノベーションは何ですか」と聞いたら、質問の意味が理解できないとか言われる。レベルが低すぎるだろ・・・。どっかの企業で「営業とSEの違いってなんですか」とか聞いちゃう学生と同じレベルだぞ。こんなやつらを用意してくる会社もおかしいと思う。志望度元々高いわけではなかったけれど、今回のことで地に落ちた。帰り際、ディスカッションで一緒だった人と帰ったけど、やっぱり同じ思いらしい。次の連絡来たらどうするかなぁ・・・。