超企業とは

本日の筆記試験会場

 午前中は地元系ソフトウェアハウスの2次面接。1次より若手が出てきて、しかも圧迫じゃないだなんて・・・。選考結果も合格だとしてもギリギリまで来ないし*1、よくわからない会社だと思った。面接そのものはいつも通りの具合。多分大丈夫と過信できるレベル。
 昼過ぎからは地方系通信事業会社のグループワーク。今までグループディスカッションというのは受けてきたが、グループワークと銘打ったのは今回が初めて。内容はまったくグループディスカッションと差がなかったけれど。「飛行機が不時着したときに、そこで遭難したけが人を含む学生10人は、三日後の救助というラジオ放送を聞いた後、何をしていくべきか」という相変わらずこの系列会社にありがちな「イメージでものを語る」内容*2だった。それでも今までに比べれば比較的具体化されてはいたけれど。
 とりあえずこの辺まで前座。今日ラストが本番で、ある超大手商社の筆記試験。試験会場は本社ビルの1階フロアだったのだけれど、普通の小学校の体育館を縦長に3つか4つ繋げたような糞デカイ広間に通されて、3000人くらいで一斉に英語と言語、計数のマークシート方式試験を受けた。広間は横向きに使われてて、正面を向いて右手4割くらいの位置に座っていたのだけれど、それでも左手1番奥のほうがかすんで見えないレベルだった。しかもこの規模の試験が全国数カ所で1日何回から10何回行われているのだと考えると、商社の人気を改めて感じた。毒気を抜かれたような気分だった。右隣が上智大学、左隣が早稲田大学、背面が慶應義塾大学。私立大恐怖症*3の俺としては、自分が場違いに思えてきた。まぁとりあえず最後まで受けきって、一応の記念受験は終了ということにしておく。これこそ超企業なのだと感じた1コマだった。

*1:一般的に「合否にかかわらず○日以内に連絡します」という旨の通知があった場合、合格した受験者は受験した当日または翌日などの早い段階で連絡が来る。逆にギリギリに来る連絡とはつまりは不合格の通知である。

*2:例えば「社会人に3番目に大切なことを考えてください」など。

*3:名前も大学のレベルもよく知らないので、国立大生の自分には得体の知れない人たちに見える。