4月だよー、本番だよー

駅までの徒歩ルートに咲く桜

 朝起きてメールチェックすると、何社かメールが来ている。今日連絡が来るところは大抵が大手なので、メールが来ていることが非常にうれしい。しかし逆に言えば、来ていない企業は落ちたということだ。落ちたのは確認済みだけで3社だが、連絡のないままフェードアウトしそうな会社を考えれば片手では済まないくらいだろう。まあコピペして出したような会社もあるし仕方ない。むしろコピペで通った企業のほうが心配ではある。
 4月1日の連絡を予定に詰め込んだところの段階として、10日までは毎日就活ができるようだ。今忙しいのはうれしい悲鳴として顔で笑って心で泣いておくことにする。
 ちなみに昨日の飲み会の影響で完全なる二日酔い。これを言い訳にしたくないが、後述の説明会中にはなんども吐きそうになるレベルだった。
 さて、メールだけではなく外にも出る。電車までの徒歩ルートで、桜が咲いていた(今日の画像)。すっかり春である。2割ほどうれしくなったが、残りの大抵は悲しい想いを表していた。
 10:00〜14:00という、今回最長の説明会に出る。あまり知られていないけれど、日本国民全員が少なくとも3つ以上、この企業の製品と関わったことがある。そんな会社。いわゆるOB説明会で、同じ大学を卒業した"先輩社員と呼ばれる人たち"*1がショウルームを案内してくれ、飯を食わせてくれる。始めてひつまぶしってモンを食ったよ。ちなみに俺は鰻が苦手。小さい頃の味が好きになれない思い出というのもあるが、地元の宗教観念*2もある。しかし5人座って1人だけ違うものを食うわけにもいかず。とりあえず鰻を食っていた。明後日にはこの会社の1次面談がある。実質面接であるが、あくまで名称は面談。出身学部が同じところの"先輩社員と呼ばれる人"は当たり前に「面接」と呼称していたが・・・。
 夕方からは同じ系列である別企業の1次面接。ちなみに自分ではこの会社を利用して8年以上になる。情報系選考の学生ほどこの企業を利用している割合が高い気がするのは気のせいだろうか。面接の方はというと、正直失敗気味なところ。ストレートに志望動機とか聞いてくれればいいんだけれど、なんだかのらりくらりな質問ばかりだった。そこからうまい具合に志望動機とかやる気に結びつけていけるか見ているのだろうか。正直よくわからない。体調のこともあったが、今までで1番失敗したなと思った面接だった。今のところ面接通過率100%なので、これを維持して今後の自信に繋げるためにも、今回も通ってて欲しいものだが。ちなみにグループディスカッション通過率は未だ0%である・・・。

*1:「先輩社員」とは明言したくない。あの言い方は「第二新卒」と同じ響きがある。

*2:地元神社の神様が鰻。祖父の世代くらいまでは鰻を食べることが禁忌で、その話を非常によく聞かされていた。ちなみに父は宗教観が薄い世代で、特に鰻は好物の1つ。