おおさき、しんじゅく、とうかけん

某准教授からのメール

 午前中は大崎の某東証一部上場企業。面接の受付に障害者採用の人を使うのはパフォーマンスなのか。逆に引いたぞ・・・。面接のほうは超歓迎ムード*1で逆に面食らう。何なの、怖いほどフレンドリーで、外人が大して面白くないコメディ映画の感想で「終始笑いの絶えないピースフルな映画」とかつくろっちゃうレベルの面接だった。最後に次の面接の大まかな日時を指定してきたが、これは既に合格と見ていいのだろうか・・・。よくわからんちん。
 昼は母校の同窓たちと何人か。Y.O、T.N、そして中退したM*2。言い出しっぺのJ.Kが来ないで日時と場所だけ指定してくるというわけわからん集いだった。まぁダラダラとラーメン食って、ビリヤードしていた。少しヘタになった気がする。そしてブレイクショット時にまったく玉が入らない。こんなもんだろうか。特にMが懐かしくて、いろいろと話をした。最後はちょっとだけゲーセンによって、それで別れた。今度は夏のBBQに集まることになるだろう。
 帰りの電車で某メーカーから電話が来る。来た直後にトンネル突入。電波ヤバイマジヤバイになる。そこから聞こえたり聞こえなかったり。向こうもこっちもイライラしつつ面接の予約をした。なんなのこれ。なんなの。お疲れ様です。
 その後ちょっと学校へ行った。研究用PCを選べということらしく、とりあえずキーがUS配列のMacBook Proを選択。1つ前のモデルで、液晶非光沢。MacBook AirのUS配列がよかったが、まぁ及第点だろう。アカウント作らされたりTime Machineの設定とかで時間を食う。今日の画像はそこの共同研究室准教授から送られてきたメール添付。「イッシー」に反応したらしい。
 夜はnaka2さんと酒を飲んでいた。約束の時間に家を出る不始末。そして自転車がない。パクられたか・・・。仕方なしにタクシーで行った。15分の遅刻。この前が200年12月28日(id:M-I-5:20081228)だったから、約3ヶ月ぶりだろうか。30日にはこっちを起って新天地に向かわれるようなので、ギリギリ会えたという感じだった。卒業おめでとうございます。丁度今1番時間に余裕があるようで、元気そうに見えた。憎しみで人が殺せたらと思う。「山芋の千切りは大切なものなので2回頼みました。」「カレーにソース、おしんこに醤油をかける」「コンビニの履歴書でもイケる」「割り箸はNGワード」「学会で泥酔してはいけない」あたりが重要なフレーズだった。そして飲み過ぎたかと思いつつも相変わらずな会計。ここは本気で計算してねーんじゃねーのと毎度思う。うまいし酒たくさんあるからいいけど。それとも俺たちがいつも飲み過ぎてるだけなのだろうか。いい店だよ。まあ次に会えるのはゴールデンウィークか、それとも夏だろうか。仕事頑張ってください。

*1:余談だが、始め「ちょうかんげいむーど」で変換したら「朝刊ゲイムード」と出た。少し悲しくなった。

*2:彼の名前が思い出せない・・・。