土佐から来た男

土佐から来た男が白人の靴を舐め たった十数本の煙草を貰う
三国人はそれを見て笑う 去年まで同じことをしていたことを忘れ


橋の下で暮らす男が顔を背ける 部落の軍人を見て嫌悪する
あなたの焼けただれた顔はよりいっそう醜く見える


死人に群がる畜生たち ぼろの一片すら剥がして残ったのは黒い包帯だけ
次に隠れてしまうのは誰 何が悪くて誰を憎めばいい