屋内アンテナ

FOMA用補助アンテナ

 実は研究室の電波状態があまりにも悪く、携帯電話が圏外になってしまうため、2日ほど前にA.Kと2人で室内用補助アンテナを注文してきた。
 NTT DoCoMoのWebサイトを見ればわかるとは思うが、これは通信用端子の右側にある丸い筒のような部位がアンテナ用端子となっており*1、ここに補助アンテナが接続され、アンテナ本体を電波状態の良いところに置けば、それによって通信できるという至極簡単な仕組みになっている。早い話がアンテナを延長するってこと。
 そして、今日それが届いたので設置することにした。
 しかし、自研究室は電波状態が悪い。大体、室内どこもかしこも悪くて困ってたのに、このアンテナでは太刀打ちできないことが簡単にわかってしまった・・・。室内でだめなら屋外、との考えにいたるものの、良い設置場所もなく、何より防水対策されていないアンテナなので、雨が怖い。
 なんだかんだと考えてはみたものの、最終的に窓の外の電波状態の良さには換えられず、窓の外側に、ビニール袋に包んでガムテープで貼り付けるだけということに決定した。外から見ると無茶苦茶怪しいが、背に腹は変えられない。圏外or0本から一気にバリ3である。配線も窓に挟まらないよう工夫し、なんとか実用にこぎつけることができた。
 そして、アンテナの説明書を読む限り、特に自研究室の電波状態が悪い原因としては、網目の鉄線が入った強化窓が原因らしいということもわかった。これが電波を打ち消してしまうらしい。窓の室内のほとんどが強化窓なので、これは完全に外しかなかったようだ。
 ま、設置も終わったことだし、これで明日からメール受信するためだけに外に出る、なんてことはなくなりそうだ。

*1:ちなみにソケット自体は同一。このせいで、USB通信ケーブルとの同時使用は不可能となってしまう。研究室での充電にはUSB通信ケーブルを用いているため、つまりは充電も同時にはできなくなってしまった。まぁ、そうそう同時に使うなんてことはないと思うけど。