金曜1,2

 読み[きんよういちに]
 静かにしなければならない時間帯、金曜日08:40〜10:25のこと。この時間に窓全開でゲームに熱中していた連中の大声が、向かいの教室(偶然あちらも窓全開)で講義をしていた大先生に聞こえ、講義中にかかわらず来室された大先生に「不愉快だ」と叱られたことに由来する。
 しかも、遊んでいた連中の中に大先生の研究室生が含まれていたため、もしも2度目などということになろうものなら、彼らは確実に学生生活のリセットボタンを押されることになる。
 ただし、現在では逆に大先生側でお遊びとして、窓越しにこちらに話しかけて来る場合があり、その場合は何かしらの明確な返答が必要になる。その最たるものとしては「AかけるBはBかけるAじゃないよなー?」という質問である。尚、この返答では「はい、そうですー」が理想的返答であり、実際に返答したT.Kは「行列の話ですかー?」と返答し、これは合格点であると言える。
 また、この質問に対して詳しく言及すると、結局は「積の交換法則が成り立たない空間もあるよな」という質問であり、簡単なところでは外積もそれに該当する。また、線形空間非線形空間においても、定義次第で成り立たない場合が多数存在する。これは線形空間の常識とも言える事実である。
 さらにいうならば、この質問自体はT.Kに向けられたわけだが、本当はその問答全体が講義中の1年生に向けられていて、1,2年後に学習することになる線形代数という分野についてのヒントを与えていて、スカラー(1次元)空間などの一部の線形空間で展開される数学だけが世の中の全ての数学ではないのだという、大先生なりの教えなのである。