Suica大活躍中

ヨシムラスズキ

 友人が電車代を持ってくれるということで、秋葉原へ。相変わらずだが、自作PCを組むという条件付きである。前回はベアボーンだったが、今回はミドルタワーのオールインワンパソコンである。今回作ったPCの主な仕様は以下の通り。

 今回は特にH-I/Fを重視した作り。モニタも価格の割には画質、応答速度共にいいものだったし、何よりマウスとキーボード二つで1万はするものだ。キーボードは割れているタイプで、マウスは今流行の無線式7ボタン。
 そして、自作をかじったことがあって、最近の事情に詳しい人ならもう疑問に思っている部分が二つあるはず。
 まず、Prescott。これは単純な理由で、「秋葉原で買い忘れて、地元にNorthwoodが無かった」。Σ(゜∀゜ )実際、消費電力の問題とか発熱とか気になったのだけれど、また買いに片道ウン時間かけるのも・・・ということで、妥協。
 そして二つめにして、最も変な部位。旧規格でそろえているパーツ群の中のGeForce6600。 PCI-Expressじゃないのかと思う人が多いが、将来性などは考えないので、マザボの安さで選んだためAGPしかなかったのだ。購入場所は確か外神田3丁目の俺コンだったと思う。それに予算が多少余ったということもあったし、何よりnVIDIAの6世代目を確認したかったのもあった。いつもならMSIがお好みなのだが、256MBのVRAM付きの割に価格がこれまた爆安だったので勢い購入。
 店を回っていて、まずびっくりしたのはある店でメモリが爆安だった。激安でも足らない。TWO TOP秋葉原本店でさえ、ノーブランド品の512MBが5000円台ギリギリ乗らないくらいの中、某メーカー製のOEMメモリが512MBで3980円だった。ちなみにPC3200である。正直、価格表を見た時(;゜д゜)?という感じだった。しかし、ここで冷静に考えてしまい、念のため他の店も・・・なんてやっている間に売り切れてしまった。orz