人生の凡庸な休日

 今日は年休(年次休暇)。月曜日取り消しになったので、その代替。
 朝イチから近所の床屋で髪を切る。前回と同じ理容師で、ちょっとした話題で盛り上がった。

f:id:M-I-5:20210611185110j:plain:w480
うどん屋「武蔵野うどん 澤村」の肉汁うどん

 昼メシは夫婦で、埼玉県戸田市にあるうどん屋「武蔵野うどん 澤村」の肉汁うどんを食べた。
 土日だと激混み、行列必至の店なのでなかなか足が向かない。今日は久々に食べられたので満足。
 その後、妻Y.I.の買い物に付き合う形で、戸田市内や、埼玉県川口市内を車移動。目的のものが買えたようなので良かった。
 家についたら洗車をして、近所のスーパーで食材を買い込んだ。夕飯にはY.I.がお好み焼きを作ってくれたので、それを食して夜は更ける。
 まさに、人生の凡庸な休日である。これでいい、これがいいのだ。

定時散歩

 今日も在宅勤務な1日。夏の汗ばむ時期になってきただけに、炎天下の移動が無いことはとてもありがたい。
 しかし、一方で運動不足は目に見えて来た。なので、ここ最近は、仕事を早く終えた日は近所の公園まで散歩するようにしている。1周約1km弱の公園。家との往復込で約3km。目安にするには丁度いい距離感だ。
 帰りにスーパーマーケットで夕飯の食材を仕入れて帰れば、100点満点の夕暮れである。
 みんな、日々の暮らしはどう変わっているのだろうか。参考に聞いてみたい。
 そんなことを話し合う機会も減った、在宅勤務2年目の夏。

冷蔵庫 三菱電機「MR-R46G」購入

f:id:M-I-5:20210612083957j:plain:w320
三菱電機「MR-R46G」

www.mitsubishielectric.co.jp
 ひと目見た感想は、「デカイ・・・。」だった。
 今日は冷蔵庫が家に届いた。三菱電機「MR-R46G」。
 今まで家の冷蔵庫は、ナショナル「NR-B143J」という一人暮らし向けの機種だった。これは俺が大学へ通うにあたって一人暮らしするのに買った製品。2008年来、13年に渡って使ってきた。2人暮らしも6月末で3年を迎える。騙し騙し使ってきたがもう限界だった。
 今回選んだ三菱電機「MR-R46G」は4~5名向けの家族向け機種。この先長く使うことを考えて、やや大きめ、かつ置き場を選ばないフレンチドアタイプの冷蔵庫を選択。「容量450L以上」、「フレンチドア」、「横幅650mm以下」を条件とした。
 電気屋でも人気機種らしく、2021年2月発売なのにすでに店頭では在庫切れだった。客の誤注文などによるキャンセル分が、ギリギリ確保出来たのはよかった。
 条件で絞るとシャープ「SJ-MF46H」も候補にあがったが、価格帯が全然違う。三菱電機「MR-R46G」は140,000円前後、シャープ「SJ-MF46H」は220,000円前後と、だいぶ開きがあった。このコストパフォーマンスの良さが人気の秘訣だろう。
 最近メーカが推しているAI関連機能などは付いていないが、基本的な機能に変わりはない。それどころか、そのAI云々搭載となると250,000円超えがザラ。そんなものに100,000円以上かける必要もない。そんなざっくりとした判断で購入したのだった。
 尖った機能がないけれど、個人的にはやっと自動製氷になることが嬉しい。それと、冷蔵温度の使い分けができる点も嬉しい。たったそれだけの事だが、生活がとても豊かになる気がして、これから楽しみな出来事なのだった。

レンタ・ルンバ 2nd Season

 昨年12月にレンタルサービス「Rentio(レンティオ)」にて、ルンバ i7を借りた*1、その後、気に入ってブラーバ ジェット250も借りたりしていた*2
 ルンバを半年、ブラーバを3ヶ月使った感想としては、もはや必需品の域であるということ。不在の際に部屋の大半を掃除しておいてくれることは大変ありがたい。俺ですらそう感じるし、はじめに欲しがった妻Y.I.はきっと俺以上にそう思っているだろう。
 また、副次的な効果もあった。”あるある話”で、ルンバのために部屋の模様替えをして、ルンバが動きやすいようにするという話がある。つまり床に物を置かない、棚を買って縦の空間を有効に使うということでもある。これも当てはまって、家はより過ごしやすくなった。
 一方で、ルンバ i7は我が家で使う機種としては機能を持て余していた。細かい話は諸々端折るが、「Imprint スマートマッピング」と言う部屋やエリアごとに清掃できるようにする機能まではいらなかった。一方でカーペットはあるので吸引力は重視した。候補としてはルンバ i3とルンバ e5を比較し、ルンバ i3にダウングレードすることにした。
 ちなみに、価格はルンバ i7は月額3,080円(税込)、ルンバ i3は2,180円。さて、この900円差はどこまで響くだろう。
www.rentio.jp
 1点思いがけぬことが起きた。注文して数日した今日、Rentioから電話があった。「6月11日からキャンペーンをするので、一度キャンセルして11日以降に申し込みしませんか。」という提案だった。こちら側にしか特のないような提案だったので、快諾。当初の予定より3日ほど遅らせて利用開始するだけで、3ヶ月無料キャンペーンが適応されるのだから、お得である。
 結局届くのは週明け6月15日。分かっている製品ながら、届くのが楽しみである。

*1:ルンバを借りた際の詳細は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com

*2:ブラーバを借りた際の詳細は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com

年休取り消しの巻

 久々に年休(年次休暇)を取得予定だったが、トラブル対応で取り消して出勤。これが社内事情だっただけに、なんとも情けない1日だった。
 文京区にあるお客さん。とあるプロジェクトの新規案件にてSEアサインが不適切で、人が決まっていなかった。そこにとある管理者たちが、分野違いな俺を含む数名の名前を挙げて、勝手に決めた上、俺が窓口ということになっていた。ここまで上長の担当課長S.H.も含めて全く預かり知らぬ事態。
 営業も困り果てていたので、まったく内容のわからぬ案件ながら、一旦は提案書を作成し、稟議等を通して提出。これからこの案件を担当することになるらしい。
 並行して走る炎上プロジェクトや、ご指名されているが保留されているプロジェクトもある。乱暴な管理者たちからの扱いを見て、結構やる気を無くした出来事なのだった。