空調服デビューの巻

 今担当しているプロジェクトの1つに、新設する建物の電気通信工事がある。俺は将来的に監理技術者を目指していて、その実務経験を積むために、このプロジェクトに監督員として入っている。
 そして、近日現場調査に入ることになり、職場の安全管理担当にヘルメットを借りるため、職場に出向いていた。そんな中、自グループで、空調服を購入していたことを思い出す。

 ちょうど自グループの総括K.Y.がいたので、ここぞとばかりに借り受けた。
 借りたのはベストタイプの作業着「空調ウェア (服のみ) ジーベック ベスト 膨らみ軽減 スポーティ ポリエステル100% XE98010 色:シルバーグレー サイズ:L」と、ファンとバッテリー「空調服® スターターキット ブラック SKSP02B」。
 とある時に、当時のグループ長T.K.が俺の担当する工事現場を見に来て、汗だくな様子を見て購入してくれた品々。他に借りた人いるか聞いてみたら、1人だけ*1だったらしい。人気無くて、ちょっと残念・・・。
 反面、品物にも余裕があって、ちょうどよいサイズが借りられたし、バッテリーは予備も貸してもらえたし言うことなし。これで夏の工事を涼しく過ごせそう。早く使ってみたくてならない。早ければ来週に使うことになるだろう。

*1:自グループに当時いた主任技術者T.S.。現在は監理技術者となり、転出異動済。”夏工事”をちゃんと理解して、本当に現場入りする人じゃないと借りない模様・・・・。

骨折 -我が家のシルバー文鳥-

 今朝、先に起きている妻Y.I.に叩き起こされる。なんと、我が家のシルバー文鳥に乗っかってしまって、怪我をさせてしまったというのだ。
 放鳥中に目を離したら、膝立ちしている足のスネに乗っていたようで、腰を下ろして正座しようとして、太ももでプレスしてしまったらしい。飛んで逃げたらしいが、見てみると左足がいつものように動いておらず、ぶらんと垂れ下がっている。
 急ぎ、かかりつけの小鳥専門獣医に見てもらう。レントゲンを撮り、診察してもらった。結果的には、左足が骨折しているとのことだった。内臓や他の部位にまでは問題は及んでいないだろうとのこと。骨折は全治4週間で、1週間は特に状況注視の上、2週間後に再診とのことだった。
 まずは何よりも死なせなくて済んだことが、不幸中の幸いだった。27gの小さな体。いくらなんでも人の重さがのしかかればひとたまりも無い。致命傷にならずに済んで本当に救われた。
 また、足以外は元気そうで、飛び回って遊ぼうとしたり、歌をさえずったりしている。餌も食べてくれるので、回復に向かって行くことに、大きな障壁はなさそう。
 しかし、当面は安静のため、水浴びも放鳥もさせられない。カゴの中で餌と、鎮痛剤入りの水で過ごしてもらうしか無い。泣きそうなくらい申し訳ない気持ちでいっぱいだが、早く治ってもらうためにも致し方ない。
 小さな小さな家族の一員。早く治って元気に飛び回って欲しい。

送別会 2022.06

 今日は職場の送別会だった。担当課長K.K.を含んでその配下11名の内、主査T.K.、社員S.T.の2名が異動となる。
 T.K.は、隣の担当で遠方転勤する主査N.T.の後任となる。本人も周囲も予定していなかった突発人事だったので、送り出すことが決まってからもドタバタとしていた。逆に今後も同じグループ内であり、ちょっと不思議な感じ。隣の担当にいる故、今後も何かしらをともにする可能性は高い。
 S.T.は、ここが初期配属で、その育成期間満了に伴う転出。ビル内異動で、違う分野で引き続きSEをやることになる。一方、部が変われば交流もだいぶ減る。その点は寂しい。近年稀に見るほどよくできた若手だったので、安心して送り出せる点は良かったと思った。
 昨年から部が新しくなったり、担当課長が急遽交代になったり、担当部長が新しくついたり(しかし今回の人事でまた外れたり)と、組織内も目まぐるしく動いていて、そんな最中をともに乗り越えてきた2名。寂しさ半分、「またね」という気分が半分。そんな感じの送別会となったのだった。
 2次会は、ゆかりの深い担当課長H.H.のグループと合同開催。一時期は同じH.H.のグループ配下だった社員Y.O.も人事によるビル内異動があって、送り出されていた。彼も初期配属の育成期間満了に伴う転出。本部単位での異動なので、結構遠い感じがする。非常になついてくれていた後輩で、今回の異動でも個別に連絡をくれていて嬉しかった。
 組織なので、いずれこうやって人は入れ替わる。今回はこの3人だった。けど、その間の数年を共にしたことは貴重な機会だったし、互いの糧になったであろう。世話になったことも、そうじゃないことも、忘れないでおこうと思った。きっとどこかでそれを思い出すだろうから。
 そしてまたどこかしら出会えればいい。そう願った夜なのだった。

ロッキングストライダー購入

 来月で長男K.I.は1歳になる。誕生日祝いということで、新しい遊び道具として「ロッキングストライダー」を購入した。
 ストライダーという、ペダルのないランニングバイクがあって、そのスポーツモデルに、固定用台座のついたモデル。本来なら2歳位からの遊び道具なのだが、この固定用台座があることで、より小さな子どもでも乗って遊ぶことができる。
 買って到着したら、つかまり立ちにちょうどよいのか、K.I.はハンドルを握って立ち上がり、周囲をウロウロ。まだサドルに自分自身で乗れないので、そこは大人が乗せて上げる必要がある。不思議なことに、降りるのは自分でできてしまう・・・。
 5歳位まで長く遊べるものらしいし、街なかでもよく見かけるので、いろんな場所で遊べるのが良い。早く乗れるようになって、そして台座も取って外で遊べるようになるといい。
 今はそんな大きなおもちゃとともに成長を見守る今日このごろである。

KBJ48な会

 3年前の2019年に対応していた国分寺市のお客さん案件のトラブル対応*1。今日はそのうち一部のコアメンバ4名で集まっていた。
 なんとありがたいことに、うちの長男K.I.の誕生祝いだった。昨年7月に生まれて以来*2、グループ長T.K.が「やろうやろう」と言ってくれて、のびのびだったがついに実現されたのだった。集まってくれたのは担当課長K.S.、N.S.とT.K.に俺の4名。
 また、それと同時に7月1日にT.K.の支店長就任が決まっていた。担当支店は多摩エリアのうちの1つで、なんとその国分寺市も含まれている。「言霊って怖いね。」とT.K.は言っていた。
 そんな、子どもの話と、ご栄転の話、めでたい話題2つで盛り上がった今日このごろ。また一緒に仕事できたらいいなと思った夜だった。

*1:当時の様子は以下参照 トラブル案件対応お疲れ様会 - I've Got The Power!

*2:長男K.I.誕生の様子は以下参照。 m-i-5.hatenablog.com